見込み客を超えてソーシャルメディアを活用する6つの方法

公開: 2021-07-14

「会話型マーケティング」や「ソーシャルセリング」などの最近のトレンドが私たちに何か教えてくれるとすれば、ソーシャルメディアは初期の頃から純粋なプロスペクティングプラットフォームとして大きく成熟しているということです。

誰かがここで本当に車輪の再発明をしたことを意味するものではありません。 ほとんどの場合、ソーシャルメディア上のブランドは、見込み客を見つけて教育し、ブランドの認知度を高め、ファンのコミュニティを構築するための手段として常にそれを使用してきました。

一方、B2Bマーケターの一般的な目的、特にソーシャルメディアでの目的は進化しています。

デジタルマーケティングの優先事項

Bizibleの最新のStateof Pipeline Marketing Reportは、需要とリード生成を優先する代わりに、今日のマーケターがリード育成プロセスを強調していることを示しています。

しかし、なぜ変更するのですか?

社会的状況は進化しており、マーケターは目覚めています。 同様に、購入者はソーシャル経由で購入するという概念にますます満足しており、ソーシャルユーザーの4分の3は、関心のある製品のブランドをフォローしています。

もはやマーケターにとって光沢のある新しいおもちゃではなく、トレンドは、表面レベルの話題を生み出すこと以上に社会的なものがあることを証明しています。 コンバージョンは今日のブランドの最優先事項であり、マーケターは予測を超えて収益に全体像を与える戦術と戦略を採用しています。

以下は、今日のブランドがソーシャルメディアを活用して、求められているコンバージョンを促進する6つの方法です。 ソーシャルデータの力を活用することからリードと直接対話することまで、これらの戦術の任意の組み合わせは、2018年のトップソーシャルメディアトレンドと密接に関連しています。

1.ソーシャルセリング

物理的な製品とデジタル製品を同様に販売している人にとって、ここには大きなチャンスがあります。 今日、バイヤーがベンダーとの会話の場としてソーシャルメディアをより真剣に受け止めているため、営業担当者が積極的なプロファイルを維持し、信頼を築き、好奇心旺盛な関係者に役立つアドバイスを提供し、個人との関係を育むことがますます重要になっています。

一方、適切な直接販売の「ソーシャルコマース」チャネルは、人々がより多くの購入のためにより多くの技術ガジェットを使用し続けるにつれて、急速に成長し続けています。

世界のソーシャルコマース市場

ただし、ソーシャルセリングに万能のアプローチはありません。 たとえば、オファーや景品などの従来のマーケティング手法は、ソーシャルを介した公正なゲームです。 一方、ブランドプロファイルを店頭に変えるソーシャルコマースプラットフォームは活況を呈しています。

ここでのポイントは、適切なタッチがあれば、ブランドは製品の宣伝を躊躇してはならないということです。 これは、ポジティブな社会的ROIを生み出し、顧客を転換するというプレッシャーが高まっている時代に特に当てはまります。

2.CRMデータの充実

もちろん、ソーシャルセールスは、見込み客にオファーを頭にぶつけるだけではありません。

ブランドマーケターは、ソーシャルメディアの力を利用して、CRMを強化し、顧客のより包括的なビューを作成できるようになりました。 さらに、マーケターは、ソーシャルを介して実行する特定のアクションに基づいて、見込み客をより適切に認定できます。

たとえば、Zoho Socialなどのソーシャルメディア管理プラットフォームは、タッチポイント間でブランドとどのようにやり取りしたかに基づいて、CRMエントリを充実させることができます。 これは、コンテンツへの言及、リツイート、コメントを意味する場合もあれば、広告をクリックする場合もあります。 ブランドは、これらのアクションのどれが見込み客をリードとして認定するかをカスタマイズし、それに応じてそのデータをCRMに保存できます。

Zohoソーシャルリードジェネレーション

これにより、個々のリードが最も関心を持っているもの、および「会話」がどこで行われているかに関係なく、どこで中断したかについての洞察が得られるため、ソーシャルセリングのプロセスが合理化されます。 多くのブランドがソーシャルを介して特定のROIを示すのに苦労しているため、CRMデータをソーシャルデータに関連付ける機能は画期的なものです。

3.社会的証明の構築

社会的証明は、コンバージョン率を高めるための長年の実績のある戦術です。そのため、ロゴ、トラストシール、レビュー、および紹介文は、最新のランディングページの定番です。

このような証拠の取得は、ソーシャルメディアを介してこれまでになく簡単になります。ソーシャルメディアでは、顧客やブランド支持者は、サポートしている企業を大声で叫ぶことがよくあります。 これらのアセットを収集して宣伝するには、Sentioneのようなソーシャルリスニングおよび感情分析ツールを使用できます。このツールは、ソーシャルWebをクロールして、ブランド名やニッチ関連のキーワードに関する言及や会話を探します。

また、EmbedSocialなどのUGC収集ツールを使用することもできます。このツールを使用すると、Webサイトで公開できる検証済みのソーシャルプロファイルを使用して、レビューや評価を残すよう顧客に促すことができます。

EmbedSocial

4.広告のリターゲティング

Facebookのアルゴリズム変更の影響を考えると、ブランドは、カスタムオーディエンスを介したFacebookのリターゲティングを含む、「ペイ・トゥ・プレイ」戦術をますます実験しています。 オーガニックコンテンツのリーチが限られているため、Facebookの広告とオーディエンスを微調整する際に得ることができるすべての支援が必要です。

基本的に、ブランドはメールキャンペーンまたはCRMからリードに関するデータを収集し、最終的にFacebook広告を介してリマーケティングすることができます。 あなたのブランドとコンテンツに精通している見込み客に直接話すユニークなメッセージを通して、マーケターは常に頭を悩ませ続け、そうでなければ失われたリードを育てることができます。 オーディエンスメンバーの獲得に投資した後は、会話を続けるためにメールアドレスを取得する必要はありません。

Facebookのネイティブ広告プラットフォームを超えて、他のソーシャルチャネルも同様に同様のカスタムオーディエンス広告ターゲティングを提供しますが、これらのどれもFacebookが提供するような洗練されたリーチを持っていません。 たとえば、LinkedIn広告は、ほとんどのマーケティング予算にとって依然として法外な費用がかかりますが、昨年夏にリリースされた無料の「ウェブサイト人口統計」ツールは、オーディエンスについて多くのことを教えてくれます。より効果的なキャンペーンのために。

Linkedin Demographics

この種のデータは、将来の広告を改善して、どの人口統計とメッセージがブランドの育成に最も大きな影響を与える可能性があるかを把握するために非常に役立ちます。

5.競争力のある分析

競合他社が得点しているいいねやシェアの重要性は誇張されているかもしれませんが、彼らが何をしているのかを追跡することで学ぶことができることはまだたくさんあります。

独自のコンテンツマーケティング戦略のアイデアを策定する場合でも、効果的に育成するために視聴者が何を必要としているかを把握する場合でも、業界に関連するコンテンツに関連するソーシャルメトリックに注意を払う必要があります。

独自のソーシャル分析を見るのと同じように、競合他社の間で同様の指標を調べる必要があります。 Buzzsumoのようなツールは、あなたの業界や競争が何について話しているのかを理解するための簡単な手段を提供し、同様にあなた自身のコンテンツを刺激することができます。

ブズスモ

ウェビナーのトピック、ブログの投稿、リードマグネットのいずれであっても、ソーシャルメディアのエンゲージメント数で競合するコンテンツを見ると、目を見張るような洞察が得られます。

6.次のレベルの育成

ブランドは歴史的に、スケジュールされた投稿を通じてコン​​テンツマーケティングとソーシャルメディアを組み合わせて、教育的な記事を配布することでリードを育ててきました。

ただし、ソーシャルは、リードや見込み客とリアルタイムで関わるユニークな機会を提供します。 ソーシャルコマースには確かに力とリーチがありますが、会話の場でリードとつながる能力は、次のレベルの育成の状態を表しています。

例として、SproutSocialの毎週の#SproutChatを取り上げます。 Sproutは、ブランド化されたハッシュタグを使用して、定期的なQ&Aセッションを実施し、視聴者の問題点を活用し、見込み客と一緒に塹壕に入ります。

この点は、リードを育成するためのビデオやウェビナーの人気によってさらに促進される可能性があります。 Instapageが指摘しているように、ウェビナーの参加者の35%は、セッション中にソーシャルメディアを介して関与しています。 共有されるソーシャルコンテンツの90%がビデオベースであるという事実と相まって、ソーシャルマーケターは、リードを効果的に育成し続けたい場合は、説得力のあるコンテンツ(ライブビデオなど)に焦点を当てる必要があります。

結論

ソーシャルを通じて直接販売する場合でも、投稿に関与する可能性が最も高い人々について詳しく知る場合でも、利用可能な豊富なツールと戦略のおかげで、単にリードを獲得してトラフィックを増やすだけでなく、ソーシャルメディアから価値を引き出すことが容易になります。

マーケターがプロスペクティングよりも台座にコンバージョンを置くことで、意味のある社会的相互作用を生み出すための戦術とツールを強調しています。 これにより、ブランドはソーシャルに費やす時間のROIを向上させるだけでなく、全体としてより効果的なマーケティング戦略を実現できます。