Bloggerのカスタムロボットヘッダータグ設定(Blogspotブログ)

公開: 2020-11-10

検索ロボットがあるのをご存知ですか? 彼らは私たちのサイトの更新を認識し、同じことについて検索エンジンに通知する責任があります。

適切な定義済みタグを使用すると、クローラーと通信して検索の可視性を増減できます。 それはまさにあなたがこの投稿で読むつもりであるものです。


Bloggerでカスタムロボットヘッダータグを設定する方法は?

オーガニックトラフィックが頂点に達するように検索エンジンの露出を増やすことを楽しみにしているBloggerユーザーであることを願っています。

その場合は、このガイドに従い、カスタムロボットのヘッダータグを有効にして、検索エンジンの可視性を最大化することをお勧めします(特に新しいブログの場合)。

Bloggerでカスタムロボットヘッダータグを設定するプロセスを理解する前に、それらが何であるかを知っておく必要があります。

必読:

  • 信じられないほどのブログのヒント–ブログをゼロからヒーローに
  • SEOのための究極の画像最適化のヒント
  • SEOのLSIキーワードを見つけて使用する方法は?

カスタムロボットのヘッダータグと目的

Bloggerでは、次のカスタムロボットヘッダータグを処理します。

1. all –このタグを設定すると、クローラーは制約に拘束されません。 彼らはあなたのコンテンツを自由にクロール、インデックス作成、公開することができます。

2. noindex –すべてのブログが公告されるわけではありません。 個人のブログのURLを誰とも共有していなくても、検索結果からブログにアクセスする可能性があります。 このようなシナリオでは、noindexタグを使用すると、検索エンジンがページにインデックスを付けることができなくなります。

3. nofollow –Nofollowおよびdofollowタグはアウトバウンドリンク用です。 Dofollowは、すべてのアウトバウンドリンクのデフォルトのロボットタグです。 つまり、検索エンジンはリンク先のページに忍び寄ることができます。 検索ボットにリンクを調べさせたくない場合は、nofollowタグを追加すると役立つはずです。

4. none – noneは、noindexタグとnofollowタグの両方の機能を組み合わせたものです。 クローラーはページのインデックスを作成したり、リンクをざっと見たりすることはありません。

5. noarchive –ほとんどのWebサイトリンクがSERPにあるキャッシュされたラベルに気付いたかもしれません。 これは、Googleがサイトのコピーをサーバーにキャプチャして、ダウンした場合に表示できることを示しています。 そうは言っても、noarchiveタグは、検索ページのキャッシュバージョンをオフにします。

6. nosnippet –検索結果のテキストスニペットは、人々がWebページにあるものを見つけるのに役立ちます。 コンテンツを排他的に保ちたい場合は、このヘッダータグをオンにすることができます。

7. noodp – Open Directory ProjectまたはDmozは、Webサイトの人工ディレクトリです。 グーグルは時々そこからの情報を使用します。 必要に応じて、このタグを使用してオフにすることができます。

8. notranslate –サイトで翻訳を無効にしますか? 次に、正確な目的のためにnotranslateを使用します。

9. noimageindex – Googleに画像のインデックス作成を許可すると、他のユーザーが画像を盗んで自分のWebサイトで使用する可能性があります。 これを防ぐには、noimageindexタグを使用して画像のインデックスを解除したままにします。 この画像SEOガイドもお読みください。

10. available_after – Bloggerでは、このタグの右側にフィールドが表示されます。 そのため、この時間以降、Webページのインデックスは解除されます。

そうは言っても、この投稿の本当の内容に取り掛かりましょう。


カスタムロボットのヘッダータグを設定する方法は?

ご存知のように、ブロガーにロボットタグを設定することについて話しています。 これを続行するには、以下の手順に従ってください。

ステップ1 :blogger.comにアクセスして、アカウントにログインします。 ブログのリストから、robotsタグを変更するブログを選択します。

ステップ2 :次に[設定] >> [検索設定]に移動します。 そこで、クローラーとインデックスの下にカスタムロボットヘッダータグと呼ばれる設定が表示されます。 その右側にある[編集]リンクをクリックします。

クローラーとインデックス作成
  • セーブ

ステップ3 :このステップでは、2つのラジオボタンがあります。 明らかに、最初のものはあなたの選択でなければなりません。

カスタムロボットヘッダータグを有効にする
  • セーブ

ステップ4 :これで、一連のチェックボックスが表示されます。 しかし、恐れることはありません! 複雑に感じるかもしれませんが、そうではありません。 「カスタムロボットヘッダータグと目的」をもう一度読んで、自分で設定することができます。 または、選択したのと同じ設定(下の画像を参照)に従って、[変更を保存]をクリックします。

カスタムロボットヘッダータグ設定
  • セーブ

注:これは、ホームページ、アーカイブページ、投稿ページにも設定できます。

やあ! あなたはこれをしました。

➜また読む:

  • BloggerでカスタムRobots.txtファイルを追加する方法は?
  • 最適化のためにBloggerの投稿にキーワードを追加する方法は?

結論

カスタムロボットのヘッダータグは強力です。 グーグルはそれらを使用するための既製のセットアップを提供しているので、あなたはそれを試してみませんか?

また、noindexチェックボックスをオンにしないでください。チェックボックスをオンにすると、検索エンジンの結果ページ(SERP)からWebサイトが削除されます。

下のコメントフォームから、このトピックに関して気になることがあればお知らせください。